読書を通じて言葉を学ぼう ①

こんにちは。

教務主任の松本です。

さて、今回は小学生の国語の学習についてお話します。

まず、国語を学習しようとしたときにどんなことをするでしょうか。

おそらく多くの方は漢字の学習を挙げられると思います。確かに漢字の読み書きで確実かつ簡単にテストの点数を上げることができます。

ですが、漢字だけでとれる点数には限界があり、漢字が書けてもその文字の意味や言葉としての意味が分からない子が多くいます。

漢字の練習をすれば文字が書けるようにはなりますが、どれだけ漢字の練習をしても、言葉として理解しているとは必ずしも言えないのです。

そのため、当塾では「ことばの学校」という教材を用いて、読書を通じて、確かな国語力(語彙力や長文読解力)を身につけていきます。

一口に読書と言っても、本をただ読めばよいのではなく、何をどう読み、読んだら何をすべきか、その結果どう成長するか、というところまで押さえるのが大切です。

その手法は次回の記事でお話したいと思います。

 

 

無料体験も行っておりますので、下記よりお気軽にお問い合わせください。

http://www.bestone-jyuku.com/trial/